★園内各所の花情報★更新しました!

本館前花壇

更新:2017年11月13日(月

本館前の花壇では、小さな虫よけトンネルで8月から育て始めたプチヴェールという野菜が
とっても大きくなりました!アブラナ科のこの野菜、ブロッコリーに似ていますが…
茎を覗くと芽キャベツのように、芽が出ています!どんな味がするのか気になりますねぴかぴか (新しい)
DSC_0065 DSC_0063
その他にも、本館前花壇では農業公園らしく、ブロッコリーも育てています!
どんな風に育つのか、お子さんに見せてみたい方など、ぜひ覗いてみてください!
DSC_0067 DSC_0066
本館前花壇には珍しい植物が多く栽培されていますが、こちらも珍しい「地湧金蓮(チユウキンレン)」の
花が咲いています。花の大きさは30cmでその名前の通り、見た目は黄金色のハスの花のようです!
日本では「耐寒バナナ」とも言うそうです。寒くなり、段々と花がしぼみ始めています。
DSC_0761 DSC_0759

園路

                               更新:2017年11月13日(月)
バラ園へ向かう途中には鮮やかな群青色のメドウセージが咲いています。
DSC_0756 DSC_0757
バラ園には山茶花(サザンカ)が咲いています。犬張子(いぬばりこ)、三頭咲(さんとうざき)、翁衣(おきなころも)、
などの種類の花を咲かせています。色や花びらの形の違いなどをぜひ観察してみてください。
DSC_0064 DSC_0067 DSC_0069 DSC_0070 DSC_0073 DSC_0075
加工実習館前や裏門近くではアメジストセージの花が咲いています。
鮮やかな紫色が秋の青空によく映えます!よく見ると、花冠には細かな軟毛が密生しています。
柔らかな手触りはビロードのようで、通称ベルベットセージとも呼ばれるそうです。
DSC_0018 DSC_0046
展示温室の外には、ムラサキシキブの美しい実がなっています。薄紫色の3㎜の実がびっしりと付き、
一見花のようにも見えますね。
DSC_0078 DSC_0080
園内にあるモミジや広葉樹も段々と色づき始めました。裏門近くにある赤く紅葉している低木は
なんとブルーベリーの樹です♬(写真、左上)ひょうたん池では、冬を越すために渡ってきた
マガモたちが羽根を休めていますひよこ
DSC_0093 DSC_0083 DSC_0085 DSC_0089

展示温室

                               更新:2017年11月13日(月)
展示温室ではクラリンドウが可憐で可愛い白い花を咲かせています!
先日、「コーヒーの花」と記載してしまいましたが誤りでした。申し訳ありません。
クラリンドウの花言葉は、「大きな希望」です。

DSC_0101 DSC_0103
展示温室の中心にある柱を包むように生育しているつる性の植物、時計草(トケイソウ)も
個性的な赤い花を咲かせています!日本では時計の文字盤に見立てたことから時計草と名付けられたそうです。
DSC_0010 DSC_0011
ホワイトキャンドルも花を咲かせました!原産地はアフリカで、キツネノマゴ科です。
ホワイトキャンドルという名はその真っ白な花の姿に由来しているそうです。
展示温室の中はカラフルな花が多いので、白い花は引き立ちますね!
DSC_0091 DSC_0092
サンカクサボテンの実がなりました!「ドラゴンフルーツ」と呼ばれているこのフルーツ。
よく食べるわけではないですが、
見たことのある人も多いのではないでしょうか?
ビタミンやミネラルを豊富に含んでいます。
花は月下美人(ゲッカビジン)とよく似た花を咲かせます。
DSC_0045 DSC_0047
ブーゲンビリアが咲いています。柏は海とは程遠い場所ですが、
可憐なピンク色がどこか海辺を感じさせます。
DSC_0019 DSC_0020
エクメア・ファッシアーマはパイナップル科です。よく見ると確かに形状が似ていますね!
DSC_0023 DSC_0024
キツネノマゴ科のパキスタキス・ルテラは、面白い形の花を咲かせています。
DSC_0779 DSC_0780
下の写真はとても大きなコウモリランです。
樹木や石に絡みついて生息する着生植物で、
葉がコウモリの羽のように見えることが名前の由来となっています。葉が「鹿の角:ビカク」
に似ていることから、和名では麇角羊歯(ビカクシダ)とも呼ばれています。 
DSC_0026 DSC_0027
またパパイアが開花中です。ちょうど展示温室の中心あたり、背の高い樹に見たことのある
パパイアの実が実っています。よく見ると白くラッパ型をした花が咲いています。
つぼみから青い実になるまでの各段階がご覧いただけますので、是非チェックしてみてください!
DSC_0763 DSC_0764
ランタナの可愛らしい花もさいています!和名では七変化(シチヘンゲ)といい、その名の通り、
徐々に花の色が変化する不思議な常緑性の花木です。実もベリー系のような可愛らしい実です。
DSC_0768 DSC_0769
ツンべルギア・エレクタの花も咲きました。花付きはそれほど多くはありませんが
紫色の美しい花が咲きます。花は中心部は濃黄色、筒の部分は白色、開いている部分は濃紫色と
コントラストが美しいです。
DSC_0073 DSC_0074
ハイビスカスの赤い花も咲いています。展示温室のハイビスカスはくしゅくしゅっとした
花びらで形が面白いので、ぜひ見てみてください!
DSC_0773 DSC_0774
小さな白い花は散ってしまいましたが、ジュズサンゴは実が成っています!
真っ赤な可愛い実、どこにあるか探してみてくださいね。
DSC_0776 DSC_0777
クレロデンドルム・ウガンデンセの花も咲きました。この花、よく見ると青い蝶々が
飛んでいるような形をしています!そこから英名ではブルーバタフライブッシュと呼ばれています。
DSC_0787 DSC_0790

 

風車前広場

更新:2017年11月7日(火

風車前広場ではイルミネーションの準備が着々と進んでいます。
その様子を見守るように、十月桜(ジュウガツザクラ)がささやかな花を咲かせています。
別名、御会式(オエシキザクラ)などとも呼ばれるそうで、花言葉は「神秘的な心」「寛容」だそうです。
DSC_0063 DSC_0065DSC_0066 DSC_0067

 

あけぼの山公園

                                 更新:2017年11月2日(木
あけぼの山公園(通称さくら山)の斜面には大きなモミジが何本かあり、紅葉を始めました!
写真では伝わりにくいのですが、澄み渡った青空を背景に、広がるモミジの枝葉はとても綺麗です。
DSC_0082 DSC_0096
DSC_0078 DSC_0098


日本庭園

                                  更新:2017年11月2日(木

日本庭園もカエデやモミジ、その他広葉樹の紅葉が始まり、美しい庭園に彩りを添えています。
12月上旬ほどまでの見頃となりますので、ぜひ一味違う秋冬の日本庭園にもお越しください。
DSC_0087 DSC_0091 DSC_0093 DSC_0095