【食用ヒマワリ油づくり】3校でヒマワリ油づくり開始!

あけぼの山農業公園では近隣の畑を借りて、食用ヒマワリを育て、
種を収穫し、搾って『食用ヒマワリ油』をつくる取り組みをしています。
本活動は、身近な存在であるヒマワリを資源とし、地元の子供たちの協力を得て
食用油をつくることで、子供たちの自然体験や農業への興味・関心の喚起や
食育、地産地消の推進などを主な目的としていますわーい (嬉しい顔)
今年で6年目です。今年は昨年と同じく、富勢東小学校、手賀東小学校、田中北小学校の3校と連携していきますexclamation
あけぼの山農業公園のHPでは3校の様子と公園の畑の様子を紹介していきたいと思いますぴかぴか (新しい)
それではまず、3校の種まきの様子から。
【富勢東小学校】5月10日(金)実施
1年生は初めて、2年生は2回目、3年生は3回目の参加です。
この日は、気温が26度近く、日差しも強かったですが、私たちの話や説明をしっかりと
聞いてくれ、種まきも元気よく精一杯やってくれました!
DSC_0025 DSC_0028
DSC_0046 DSC_0071 
【手賀東小学校】5月13日(月)実施
1年生は初めて、2年生、3年生は2回目の参加です。
3学年合わせて22人でしたが、手際よく、サクサクと進めてくれました。
こちらからの「去年と違うことは?」や「ヒマワリが育つのに必要な栄養は?」などの質問にも元気よく答えてくれました!
DSC_0087 DSC_0037
DSC_0046- DSC_0073
【田中北小学校】5月14日(火)実施
2年生は初めての参加です。
最初は慣れない様子でしたが、段々と作業に慣れていった様子が見られました。
「水をあげて、しっかりとお世話をしてください。今の3年生に負けないように頑張って育ててくださいね。」とお願いすると、とても元気の良い「はーい!」という返事が返ってきました。
DSC_0083 DSC_0086
DSC_0096 DSC_0100
これまでの活動は↓の「食用ヒマワリ油づくり」のバナーからご覧いただけます。