【あけぼの山農業公園】8月2日(月)風車前花畑ヒマワリは刈り取りました。

マスクの着用、ソーシャルディスタンスの確保、ご協力をお願いいたします

2021年8月2日(月)

先日お知らせいたしましたが、予定通り本日ヒマワリを刈り取りました。
例年通りの姿ではありませんでしたが、倒れながらも咲くヒマワリに応援の声もいただきました。
これから秋にむけての植栽準備に入りますが、社会情勢によっては変更の可能性もございます。
その際はホームページ等でお知らせしてまいります。


キツネノカミソリが咲き始めました。
さくら山斜面、あじさい通り斜面、白百合の滝周辺斜面でご覧になれます。

芝生広場専用駐車場にある休憩所の横の小池の大賀蓮(オオガハス)です。
つぼみが4つあります。

2021年7月29日(木)

豪雨で倒れながらも花を咲かせてくれたヒマワリですが、中央部分は見頃を過ぎました。
風車前花畑では、秋のコスモスの植栽準備のため、8月2日(月)にヒマワリの刈り取りを行います。
急なお知らせで申し訳ありませんが、ヒマワリを観賞予定の方は、
8月1日(日)までにご来園いただきますよう、お願いいたします。

花畑周囲に植えられている背丈の低いヒマワリの見頃も、あと数日かと思われます。

芝生広場専用駐車場にある休憩所の隣の小池の「大賀蓮(オオガハス)」です。
つぼみが3つあります。


2021年7月22日(木)

先週の豪雨で倒れてしまったヒマワリは、ほとんどが枯れることなく咲きそろいました。

倒れたり折れたりしながらも、花を咲かせてくれています。

中央駐車場側の方は、比較的倒れずに残っているものが多いようです。
 
ヒマワリの花期は意外と短く、1週間ほどすると頭をもたげてきます。
 

2021年7月20日(火)

先週の豪雨で倒れてしまったヒマワリですが、ほぼ咲きそろってきました。
 
倒れながらも、太陽に向かって咲いています!

花畑の周りに植えられている草丈の低いヒマワリは、例年通りの姿です。

つぼみも残っているので、もう少し楽しめそうですが、花期は短めです。

2021年7月18日(日)

先週の豪雨で大半のヒマワリが倒れてしまいましたが、
梅雨明けをし残ったヒマワリは一気に開花が進んでいます!
残ったヒマワリだけを見ていれば例年のような光景となっています。
花見台も設置されましたので、撮影にどうぞご活用ください。


一方、倒れたヒマワリはと言うと…
横になったままではありますが、頑張って花を咲かせてくれました泣き顔

※月曜日は休園日ですが、ヒマワリ畑は自由にご覧いただけます。
 駐車場はヒマワリ畑横の中央駐車場をご利用ください。

2021年7月16日(金)

先日の豪雨の影響で大半が倒れてしまったひまわりですが、倒れながらも花を咲かせようと
頑張っております!(^^)!
本日より花見台も設置されておりますので花畑を一望できるようになりました。
倒れているひまわりが花を咲かせてくればまた違った様子をご覧いただける事と思います。
 

2021年7月14日(水)

7/11(日)の豪雨被害で倒れてしまったヒマワリ畑の様子です。
中央部分のヒマワリは、ほとんど倒れています。
つぼみは残っているので、今後の開花状況は随時お知らせしてまいります。

花畑の周りに栽培されていたヒマワリは草丈が低かったからか、倒れずに残っています。
その一部は咲き始めました。

芝生広場専用駐車場にある休憩所の隣にある小池の「大賀蓮(オオガハス)」です。
つぼみは最後の一つとなりました。

あけぼのビーチパーク前のハーブの丘では「ルドベキア アイリッシュアイ」が咲いています。

2021年7月12日(月)

昨日の豪雨と強風により被害を受け、風車前花畑のヒマワリは大半が倒れてしまいました涙
悲しいことに途中で折れてしまったヒマワリもあります。
見頃を迎えるまであと少しだったためとても残念です・・・。
けれど、一部倒れていないヒマワリもありますので、開花を楽しみに待ちたいと思います。
 

2021年7月11日(日)

芝生広場専用駐車場にある休憩所の隣の小池で二つ目の「大賀蓮(オオガハス)」が咲いています。
つぼみがあとひとつ残っています。
 
風車前花畑のヒマワリの生育状況です。
つぼみが大きくなり、花びらが見えてきたものもあります。
 



2021年7月8日(木)

芝生広場専用駐車場にある休憩所の隣の小池で「大賀蓮(オオガハス)」を栽培しています。
先に咲いた花は落ちてしまい、つぼみがふたつ残っています。

風車前花畑のヒマワリの生育状況です。
つぼみがだいぶ大きくなってきました。
 
本館前花壇では、ムクゲが咲いています。
 


2021年7月6日(火)

芝生広場専用駐車場にある休憩所の隣の小池で「大賀蓮(オオガハス)」が咲きました。
大賀蓮は咲いて3~4日後には花が落ちてしまうこと、開花時間が朝方であることから、
ご覧になりたい方は朝7時~9時頃がおすすめです。また、園内の大賀蓮は数が少ない為、
お花をご覧になれる機会は少ないかもしれません。写真は朝9時に撮影したものです。
大賀蓮は千葉市で発見された世界最古のハスの花として、千葉県の天然記念物および千葉の市花に制定されています。
園内の大賀蓮は、千葉公園さんから分けていただいた大変貴重なものです。
千葉公園さんでは現在、200輪以上開花しているとのことです。

あじさい通りのアジサイも見頃です。

いくつかの品種をご紹介します。
墨田の花火

ダンスパーティー

ウズアジサイ

紅ガク

てまりてまり

風車前花畑のヒマワリの生育状況です。草丈は1m以上になりました。

2021年7月1日(木)

加工実習館前のセイヨウニンジンボクが咲き始めました。

風車前花畑近くの池ではスイレンが咲いています。


風車前花畑のヒマワリの生育状況です。


本館前花壇のヒマワリは見頃です。


2021年6月28日(月)

本館前花壇のヒマワリが見頃です。
フォトスポットとしてベンチを設置しました。
 
ヒマワリの後ろに咲いているのはブッドレアです。
バタフライブッシュとも呼ばれ、蝶が多く集まってきます。

2021年6月22日(火)

本館前花壇にフォトスポットが出来ました。

ベンチの後ろでは、ヒマワリが咲き始めました。
 
本館前駐車場奥の通路 アーティチョーク
草丈は、1.5m以上のものもあります。
 
展示温室前 キョウチクトウ
 
あじさい通りの売店の裏にあるカシワバアジサイが咲きました。
名前の通り、カシワの葉に似ていますね。
 
あけぼのビーチパーク前の斜面 アナベル

ピンクのアナベル

風車前花畑 ヒマワリ


2021年6月18日(金)

ふるさと広場では、アメリカデイゴが咲き始めました。
 

あじさい通りや本館前では、いろいろな種類のアジサイが咲いています。
 
 

2021年6月11日(金)

本館前駐車場奥の通路では、御柳(ぎょりゅう)が咲いています。
 
スモークツリー’ヤングレディー’

本館前駐車場奥の通路 モナルダ(タイマツバナ)

プラザ広場 ハイビスカス

水生植物園 ハナショウブ
 



2021年6月9日(水)

あじさい通りや本館前花壇、あけぼのビーチパーク前では、アジサイが咲いています。
 
 
あけぼのビーチパーク前 ハーブの丘 
カレックスグライ(イガグリスゲ)
おもしろい形をしていますが、これは実です。
先端についているのが雌花、実から出ている茶色の細い部分が雄花です。
 

2021年6月7日(月)

水生植物園では、ハナショウブが咲いています。
花数が少し増えました。
陽射しがふりそそぐ、明るい花畑もいいですが、静かでしっとりとした雰囲気の水生植物園も趣があります。
 

2021年6月1日(火)

水生植物園のハナショウブが咲き始めました。
今年は株分けしたばかりなので、例年より花数が少ないかもしれません。
花期は短めです。

展示温室内 パッションフルーツ
南国フルーツとして店頭でも見かけることがありますが、こんな花を咲かせるんですね。

展示温室内 ベニバナトケイソウ

ハイビスカス
 

ブーゲンビリア

展示温室後ろの高台 バラ園
 
あけぼのビーチパーク前 ハーブの丘 ニッコウキスゲ

本館前花壇 ユリ

あじさい通り(ふるさと広場の池の後ろ)

2021年5月28日(金)

風車前花畑のポピーは見頃を過ぎました。
花数がだいぶ減ってきたようです。

園内のあじさいが色づいてきました。
あけぼのビーチパーク前
 
あじさい通り(ふるさと広場の池の裏側)

 

2021年5月25日(火)

風車前花畑隣のポピーは満開です。
雨や風で姿が乱れているところもありますが、お花はまだ咲き続けています。



プラザ広場(資料館裏)
ダリア

アガパンサス

2021年5月22日(土)

風車前花畑隣のポピーは満開です。
草丈が高いため、雨や風の影響をうけやすく、所々横倒しになっているところもありますが、
つぼみは残っているので、まだお花は楽しめそうです。
 
 
ふるさと広場 池の後ろ ハコネウツギ
 
曇り空の下でも目に鮮やかな夏の花々
プラザ広場(資料館裏)
 

2021年5月20日(木)

風車前花畑隣のポピーは満開です。
ここ数日の雨、風により、花びらが黒ずんだり、一部倒れてしまっているところもあります。

こちらの花色も鮮やかで、目を引きますね。
本館前駐車場・加工実習館前 ブラシの木

本館前通路 ニゲラ(クロタネソウ)

プラザ広場(資料館裏)では、数種類の夏の花が咲き始めました。

あけぼのビーチパーク前 ハーブの丘 カモミール

梅雨入りを控え、あじさいも色づいてきました。
あけぼのビーチパーク前 

あじさい通り(ふるさと広場 池裏) 




2021年5月18日(火)

風車前花畑隣のポピーは満開です。昨日の強風で、一部お花が倒れてしまいました。
雨風により、傷みやすくなりますので早めのご来園をお勧めいたします。

一見赤いポピーですが、同じ赤でもよく見ると深紅の花や、朱色の花があったり、
中にはグラデーションのある花や、白色の花があったりと…探してみるのも面白いですよ。
 
また、バラ園や本館前花壇では様々な種類のバラが見頃を迎えています。

2021年5月15日(土)

見頃を迎えたポピーと一緒に撮影できますうれしい顔ぴかぴか (新しい)
 

 
2021年5月12日(火)

風車前花畑隣のポピーは見頃を迎えております。

風車横の池 スイレン


展示温室後ろの高台 バラ園


2021年5月10日(月)

風車前花畑の隣のポピーは7分咲きになり見頃となりました。
ポピーの花畑の左側に黄色いドアとスマホスタンドが設置されました。

2021年5月 7日(金)

風車前花畑の隣にポピーの花が咲き始めました。
例年5月中旬に見頃を迎えます。ポピーの前にオレンジ色のハナビシソウも自然に咲いています。

春に植えられたバラ園や本館前花壇のバラも咲き始めました。
 

2021年5月1日(土)

本館事務所前の花畑ではビオラやネモフィラが見ごろです。
お花と一緒に撮影できるベンチが置いてありますので、フォトスポットとして人気でするんるん (音符)
 

2021年4月27日(火)

風車前花畑のチューリップは全て花びらが散ってしまいました。
園内では様々なお花がご覧になれますので、散策をどうぞお楽しみください。
本館前花壇
 
園路

展示温室前「ベニバナシャリンバイ」
 
さくら山「ヤマツツジ」
 

2021年4月23日(金)

風車前花畑のチューリップは全て花びらが散ってしまいました。
園内では、ツツジやボタンが見頃を迎えました。
ボタンは本館前花壇や日本庭園で見られます。
   

2021年4月20日(火)

風車前花畑のチューリップはほぼ花びらが散ってしまいました。
今年はたくさんのお客様にご来園いただき、ありがとうございました。
隣の花畑では、ポピーが生育中です。5月中旬が見頃になる予定ですので、どうぞお楽しみに!

展示温室横ではナニワイバラが咲き始めました。中国原産の野生のバラです。

2021年4月16日(金)

風車前花畑のチューリップはほとんど花びらが散ってしまいました。
開花時季はその年の気候に左右されるのですが、年々、少しずつ開花が早まっている感じがあります。
来年は3月末ほどから気にかけていただけると見頃を押さえられるかと思います。

園内では藤(フジ)やツツジが見頃を迎えました。


色とりどりの花々で私たちを楽しませてくれた本館前花壇も徐々に花が散ってきていますので、
お早目にどうぞ。

2021年4月12日(月)

風車前花畑のチューリップは黄色、紫色などはかろうじて残っておりますが
花びらがかなり散ってしまいました。
次に一面の花畑が見られるのは5月中旬のポピー畑となります。

ワンテンポ遅く開花が始まった本館前花畑では、珍しい種類のチューリップや様々なお花が
ご覧いただけます。


また、今年はどの花の開花も早く、ツツジや藤(フジ)などもそろそろ見頃を迎えそうです。

2021年4月9日(金)

柏市は昨日、雹(ひょう)混じりの雷雨がありました。チューリップも少なからずダメージを受け、
6色中、遅く開花した黄色と紫色以外は花びらがかなり開き、落ち始めています。
しかし、株元のビオラのおかげもあり、どうにか今週末まではご覧いただけそうです。


裏門近くでは、ご近所のニワトリさんご一行がお散歩に。迷子ではありませんのでご心配いりません。

本館前花壇は珍しい種類のチューリップや様々なお花が咲き乱れ、見頃です!
ベンチを置きフォトスポットもございますので、ぜひ足を延ばしてください。



2021年4月6日(火)

本館前花壇では原種に近い種類や、八重咲きの種類など、色々な種類のチューリップがご覧いただけます。チューリップだけでなく様々な花が咲き、混ざり合っている様子が綺麗ですよ。


風車前花畑のチューリップは満開をやや過ぎました。先日の雨風の影響もあり、
早く咲いた赤色や白色の花びらは開いてしまいました。
遠目ではまだ綺麗に見られますが、早めのご来園をお勧めいたします。

2021年4月3日(土)

本館前花壇では原種に近い種類や、八重咲きの種類など、色々な種類のチューリップがご覧いただけます。
大きな欅(ケヤキ)の元には気持ちの良い日陰があり、一息つくのにぴったりです。
風車前花畑だけではなく、ぜひ本館前にも足を延ばしてみてくださいね♫


風車前花畑には花見台や顔出しパネルも設置さてれいます。活用していただけたら幸いです!


一番最初に咲いた赤色のチューリップは既に花びらが開いてきています。
今後の天気にも左右されますが、見頃は4月11日ほどまでになるかと思いますので
例年より早めのご来園をお勧めいたします。

2021年3月31日(水)

今年はチューリップの開花もとても早く、全色(6色)咲き揃うのも異常に早かったです。
暖かい日が続き、このスピードでいくと、見頃は4月2週目までくらいになるかと思われます。

黄色いドアの前にはスマホスタンドも設置しました!上手く活用していただけますと嬉しいです。
皆さんの素敵なお写真の投稿を楽しみにしています♫

本館前花壇のチューリップは風車前からワンテンポ遅れて開花が進んでいます。
原種に近い種類や、八重咲きの種類など、色々な種類のチューリップがご覧いただけます。
チューリップ以外の花や、枝垂桜(シダレザクラ)も咲き乱れ、癒しの空間となっていますよ。


2021年3月29日(月)

昨日の雨風で桜は少し花びらを落としましたが、まだまだ綺麗に咲いています。
桜吹雪が舞い、一面、花びらの絨毯となっているのも素敵ですね。
写真末尾の色の濃い桜はアーコレードという種類で、さくら山(あけぼの山公園)にある一茶の句碑
付近にたくさん植樹されています。
DSC_0008 DSC_0014
DSC_0016 DSC_0023
風車前花畑のチューリップ畑には、本日、黄色のドアを設置しました♫
皆さんのアイディアで自由に撮影してださいねぴかぴか (新しい)
DSC_0006 DSC_0005
チューリップは6色全色揃いました。今年は赤、黄、白、紫、ピンク2種となっています。
DSC_0002 DSC_0001
園内、あけぼのビーチパーク横の斜面では、木蓮の仲間「マグノリア サヨナラ」が満開です!
まるでスイレンのような大きく丸みのある花がたくさん咲き、とても美しいです。
DSC_0006 DSC_0005

2021年3月27日(土)

園内各所にある桜や、あけぼの山公園(さくら山)の桜はほぼ満開となり、見頃となりました!
そしてお薦めしたいのが隣接している日本庭園から眺める桜の景色です。
桜以外の植物との組み合わせがとても綺麗です、ぜひ足を延ばしてみてください。
DSC_0032 DSC_0030
DSC_0034 DSC_0026
そして風車前花畑のチューリップもぐんぐん生長しています!
例年4月中旬の見頃なのですが、今年は1週間ほど早い開花でしたので
4月2週目ほどには見頃を迎えそうです。
DSC_0011 DSC_0012
 DSC_0013 DSC_0014

2021年3月26日(金)

園内各所にある桜や、あけぼの山公園(さくら山)の桜は七、八分咲きとなり見頃となりました!
早咲の桜はもう満開となっているものもありますぴかぴか (新しい)
DSC_0025 DSC_0013
DSC_0018 DSC_0017
あけぼの山公園(さくら山)の桜は古木化が進んでいるため、大掛かりな伐採、
植樹を進めて参りました。奥にある「一茶の句碑」ずいぶんと見晴らしが良くなりましたよ!
今年はチューリップの開花も早く、桜とチューリップのコラボレーションが見られます。
DSC_0021 DSC_0023
風車前花畑ではチューリップが例年より一週間ほど早く開花し、だいぶ色が揃ってきました。
昨年は人が押し寄せてしまい、市からの要請で花盛り半ばでチューリップを刈取る措置をとりました。
ご来園の際はマスクの着用、ソーシャルディスタンスの確保、どうかご協力をお願い申し上げます。
DSC_0005 DSC_0006
DSC_0009 DSC_0011

2021年3月24日(水)

本館前花壇には大きな桜が2本あります。一本はソメイヨシノ、もう一本は大島桜です。
こちらの写真は大島桜。花が白くて、若葉が目立つのが特徴です。
DSC_0026 DSC_0024
あけぼの山公園(さくら山)のソメイヨシノは五、六分咲きほどになりました。
遠目から見ても全体がピンク色になっています。
少し色が濃く、若い木のジンダイアケボノは見頃を迎えています。
DSC_0001 DSC_0007
DSC_0019 DSC_0003
DSC_0005 DSC_0012
風車前花畑のチューリップも例年より一週間ほど早く咲き始めています。
DSC_0017 DSC_0015

2021年3月22日(月)

あけぼの山公園(さくら山)のソメイヨシノは3分咲きほどになりました。
今週末に見頃を迎えそうです。
色が濃く、植樹して間もない若い木はジンダイアケボノという桜で、こちらは見頃を迎えています。
DSC_0012 DSC_0013
DSC_0026 DSC_0028
風車前花畑では例年より一週間ほど早くチューリップが咲き出しました!
DSC_0002 DSC_0007

2021年3月18日(木)

さくら山の桜たちもいよいよ開花が始まりました。
木が若く色の濃いものはジンダイアケボノ、木が大きく色の薄いものがソメイヨシノです。
image0 image1
園内のカンヒザクラはまさに満開です。週末は今週が最後の見頃になりそうですのでお早めにご覧ください。
image4 image3

2021年3月17日(水)

本館横から『白百合の滝』に繋がる階段を囲む斜面林にカタクリの群生地があり、見頃を迎えました。
派手ではない花ですが、神秘的な美しさがあります。
お写真を撮る際には斜面へ踏み込まないようご協力をお願いいたします。
DSC_0002 DSC_0001

2021年3月11日(木)

正門正面にある大きなコブシの木は満開となり、本館前花壇も、花々が咲き華やかになってきました。
DSC_0020 DSC_0021
DSC_0002 DSC_0005
この黄色い花はトサミズキです。5~7個の丸みのある小花が連なり下垂する、不思議な形をしています。
DSC_0009 DSC_0010
園路の寒緋桜(カンヒザクラ)はほぼ満開となりました。鮮やかなピンク色が青空に映えます。
DSC_0012 DSC_0014
風車前花畑ではチューリップの芽がぐんぐん生長中です!例年、4月上旬から開花が始まり4月中旬に見頃を迎えます。
DSC_0015 DSC_0016

2021年3月9日(火)

梅園は見頃を少し過ぎました。バトンを渡すように園路沿いに並木になっている
早咲きの桜、寒緋桜(カンヒザクラ)が見頃を迎えました。もう少しで満開となります。
DSC_0010 DSC_0011
寒緋桜は元々、花びらが大きく開かない種類で、花びらが下を向いています。
蜜を吸いにきたヒヨドリも密を吸うのが大変そうです。
DSC_0003 DSC_0009

2021年3月3日(水)

梅園は満開となりました!昨日の強風で花びらが散らないか心配でしたが、
影響はさほどありませんでした。梅は「紅色と白色」のイメージが強いかと思いますが、
当園の梅園には柔らかなピンク色の種類も多くありますよ。
DSC_0009 DSC_0016
DSC_0023 DSC_0012
園内に数本ある河津桜の開花も進み、梅とはまた違う華やかな様子をご覧いただけます。
DSC_0021 DSC_0022 
当園のメインストリートには寒緋桜(カンヒザクラ)の並木があるのですが、こちらのつぼみも膨らんできました!開花ももうすぐですぴかぴか (新しい)
DSC_0017 DSC_0002 

2021年2月26日(金)

正門前には大きなコブシの木があり、開花が始まりました。
本館前花壇ではミモザの木が満開となり、ピンクネコヤナギの花穂の量もピークを迎えました。
園内に数本ある河津桜(カワヅサクラ)やミツマタも続々と開花が進んでいます。
DSC_0002 DSC_0004
DSC_0006 DSC_0018
梅園は全体の8割ほどの開花となり、遠目からの眺めも鮮やかになりました。
3月7日まで『梅鑑賞会』が開催されており、梅を眺めながら期間限定メニューを召し上がれる席もございます桜
DSC_0016 DSC_0009
DSC_0013 DSC_0019

2021年2月22日(月)

暖かい日が続き、一斉に花壇からチューリップの芽が頭を出し始めました!
資料館横にある河津桜(カワヅサクラ)も開花が始まりました。
DSC_0013 DSC_0012
梅園の日本水仙も一気に開花が進み、さらに彩を添えてくれています。
梅園全体で見ると、全体の6~7割の開花です。週末はご来園者さまで混み合いますので
マスクの着用、ソーシャルディスタンスの確保のご協力をお願いいたします。
DSC_0009 DSC_0005
DSC_0007 DSC_0001 

2021年2月16日(火)

本館前花壇ではスノードロップの花が咲いています。コロンとした形が可愛いですね。
風に吹かれて揺れる様子はイヤリングのようです。
DSC_0018 DSC_0015
梅園も全体的に色づき始め見頃を迎えました。
咲き方は木によって異なりますが梅園全体で見ると4~5割というところです。
DSC_0014 DSC_0005
風車横に並んでいる枝垂れ梅(シダレウメ)も開花が始まりました。
DSC_0011 DSC_0012
裏門近くの日本水仙はだいぶ開花が進み、見頃を迎えました。
梅園にも日本水仙がありますがこちらの開花はまだポツリポツリです。
DSC_0009 DSC_0006

2021年2月10日(水)

風車前花畑はビオラの花畑になっています。4月にビオラの間からチューリップが花を咲かせます。
ビオラ自体は派手な花ではありませんが、「ビオラが間に咲いていることでチューリップ畑がより華やかになるね」とお客様によく褒めていただきます。陰の立役者ですね。
果樹園横の畑も何も無いように見えて、よく見るとポピーの芽が育っています。ポピーは5月に見頃を迎えます。
DSC_0001 DSC_0004
DSC_0005 DSC_0003
遠目で見た梅園も少しずつ色づいてきました。梅の種類や、日当たりなどによって開花時期が
異なりますので全部の木が一斉に満開とはいかないのですが、順々に咲くので長く楽しめるというメリットもあります。
DSC_0007 DSC_0011
DSC_0009 DSC_0013

2021年2月2日(火)

本館前には立派なコブシの木があります。産毛に包まれた大きなつぼみが膨らんできました。
本館前花壇にあるミモザの木は1月から開花が始まっています。
DSC_0015 DSC_0001 
梅園の開花も着実に進んでいます。全体的に見るとまだ2割にもなりませんが、木によっては満開のものもあります。
DSC_0003
DSC_0005
DSC_0007 DSC_0012
裏門近くの日本水仙もだいぶ咲いてきました。裏門付近では、ロウバイと水仙の香りが漂っています。
DSC_0009 DSC_0010

2021年1月28日(木)

園内の梅園には様々な種類の梅の木があります。
長年、品種が不明でしたが、樹木に詳しいスタッフが一本一本、品種の判別を進めています。
枝を切った断面を見て赤ければ『紅材(こうざい)』であり、品種を絞り込むことができます。
また、早いものは12月から開花が始まり、遅いものは3月まで。花が咲く時期でも品種を絞り込むことができます。
これら元に予想を立て、花が咲いたら花の特徴から品種を割り出す、地道な作業です。
開花した木から、品種名の札が下がっていますので、ご来園の際にはぜひ名前もチェックしてくださいね。
DSC_0009 DSC_0012
DSC_0017 DSC_0015
また、展示温室の裏手にあったバラ園のバラなどを本館前花壇に移植しています。
こちらの木はジューンベリー。6月にブルーベリーのような赤い実がなる花木です。
移植のタイミングで根と枝を剪定し、移植後に元気に育つように整えています。
DSC_0005 DSC_0008

2021年1月19日(火)

蠟梅(ロウバイ)が見頃を迎えています。近くを通るだけで良い香りがしてきます。
DSC_0007 DSC_0009
梅園の梅は木によって咲く時期がずれています。全体的には見頃はまだ先ですが、満開近い木もあります。
DSC_0002 DSC_0003
DSC_0005 DSC_0006

2021年1月13日(水)

あけぼの山農業公園、園内にある梅園の様子です。
全体ではまだ1分咲きにもなりませんが、梅園の梅が咲き出しました。
DSC_0005 DSC_0004
DSC_0006 DSC_0007
蠟梅(ロウバイ)の開花は例年より少し早く、年内から咲いています。
お越しの際はぜひ近づいて、良い香りを愉しんでみてください。
DSC_0009 DSC_0008

2021年1月5日(火)

日頃あけぼの山農業公園をご愛顧いただきましてありがとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願いいたします。
風車前花畑のビオラは霜に当りながらも頑張っています。
DSC_0003 DSC_0005
そして今年も富勢東小の児童の皆さんがチューリップの球根植えをしてくれました。
春、無事に開花を見られることを願います。
DSC_0010 DSC_0008

2020年12月22日(火)

園路では早くもロウバイのつぼみが膨らみ始め、資料館横の木では開花が見られます。
DSC_0002 DSC_0013
裏門近くの日本水仙の花も少し咲いています。
DSC_0004 DSC_0006
例年より早い開花が見られる一方で風車前のハス池はお昼になっても薄い氷が解けていませんでした。
氷に写る風車もなかなか味がありますね。
DSC_0007 DSC_0011

2020年12月18日(金)

本館前花壇には植物の霜柱(シモバシラ)があります。初冬の強く冷え込んだ朝、枯れた株元に地中から染み出した水分が凍って、霜柱のような「氷の結晶」ができることからこの名前になったそうです。ちなみにシソ科の植物で、本物の花は秋に咲きます。
期間限定の朝早くにしか見られない貴重な❝お花❞、お近くの方はぜひご覧にお越しくださいぴかぴか (新しい)
DSC_0003 DSC_0002

2020年12月11日(金)

冬を迎え、花が少ない時期となりましたが、展示温室内では色々な花がご覧いただけますぴかぴか (新しい)
三尺バナナやパパイヤの実もすくすく生長中!花の説明パネルも追加し、充実しましたのでお越しの際はぜひお立ち寄りくださいほっとした顔
DSC_0002 DSC_0003
DSC_0005 DSC_0006

2020年12月4日(金)

風車前花畑はチューリップの球根とビオラの植栽が終わりました。ビオラは寒い冬を越え、
チューリップと共に咲くまで畑で頑張ってくれます。
今の季節は空気が澄んでいて、さくら山(あけぼの山公園)の展望台からは遠く筑波山も
しっかり眺められます目
DSC_0006 DSC_0008
DSC_0017 DSC_0019

2020年11月21日(土)

風車前花畑は春に向けて、チューリップの球根とビオラの植栽が進んでいます。
来年はどんな配色になるのか楽しみですねほっとした顔
作業中は畑への立ち入りはご遠慮いただいておりますが、植栽が終わりましたら撮影も可能になりますので、ご協力の程宜しくお願いいたします。

DSC_0014 DSC_0015
DSC_0016 DSC_0017

2020年11月17日(水)

風車前花畑ではビオラの植栽が始まりました。同時にビオラの下にはチューリップの球根が埋められています。
DSC_0014 DSC_0015
DSC_0016 DSC_0018 

2020年11月4日(水)

風車前花畑、果樹園横花畑のコスモスはチューリップとポピーの準備のために本日刈り取ります。
たくさんの方にお越しいただきましてありがとうございました。
チューリップは例年4月中旬頃、ポピーは5月中旬頃に見頃を迎えます。
またのお越しをお待ちしております。
写真は昨年のチューリップとポピーの様子
DSC_0035 DSC_0010

2020年10月31日(土)

風車広場お隣の果樹園横花畑のコスモスとキバナコスモスも見頃です。
11月4日には春のチューリップとポピーの準備のために刈取りを始めますので、
お花をご覧になれるのは11月3日までとなっております。
DSC_0012 DSC_0013
DSC_0009 DSC_0005

2020年10月30日(金)

最初に見頃を迎えた花は徐々に元気がなくなっていますが、後発で咲いた花が見頃を迎えています。
11月4日には春のチューリップとポピーの準備のために刈取りを始めます。
11月2日(月)は休園日のため、園内の通り抜けができませんのでご注意ください危険・警告 (!)
コスモス畑は施錠をしませんので、休園日でもご覧いただくことが可能ですぴかぴか (新しい)
お早目のご来園をお勧めいたします。また、お越しの際はお客様どうし距離を取り、
ソーシャルディスタンスのご協力をお願いいたします。
DSC_0008 DSC_0001

2020年10月28日(水)

少し遅れていた果樹園側の花畑のセンセーション(一般的なピンクのコスモス)も満開を迎えました。
11月4日には春のチューリップとポピーの準備のために刈取りを始めます。
お早目のご来園をお勧めいたします。また、お越しの際はお客様どうし距離を取り、
ソーシャルディスタンスのご協力をお願いいたします。
DSC_0005 DSC_0010
DSC_0009 DSC_0007
DSC_0003 DSC_0002

2020年10月26日(月)

風車前花畑のコスモスは満開です!
お客様どうし距離を取り、ソーシャルディスタンスのご協力をお願いいたしますほっとした顔
チューリップの準備に向けて11月4日より刈取り予定です。お早目のご来園をお勧めいたします。
IMG_E2039 IMG_2030

2020年10月25日(日)

風車前花畑のコスモスは満開です!
写真撮影される方で一部混みあっております。
お客様どうし距離を取り、ソーシャルディスタンスのご協力をお願いいたしますほっとした顔
IMG_0331 IMG_0335

2020年10月21日(水)

風車前花畑のコスモスはほぼ満開となりました!たくさんのお客様で混みあっておりますので、
お客様どうし距離を取り、ソーシャルディスタンスのご協力をお願いいたしますほっとした顔
DSC_0003 DSC_0005
DSC_0007 DSC_0010
さくら山の展望台から写した様子。果樹園横の花畑(写真右下)はセンセーション(一般的なピンクのコスモス)とキバナコスモス(オレンジ色のコスモス)が交互に栽培され、シマシマ模様となっていますひらめき
DSC_0012 DSC_0011

2020年10月19日(月)

風車前花畑のコスモスは8分咲きほどとなり、見頃を迎えました!
キバナコスモス(オレンジ色のコスモス)は一足先に満開ですぴかぴか (新しい)
DSC_0013 DSC_0011
DSC_0006 DSC_0008
DSC_0001 DSC_0007

2020年10月15日(木)

本日、空模様はイマイチですが、コスモスの開花がぐっと進み4~5分咲きとなりました。
DSC_0015 DSC_0016
DSC_0017 DSC_0018
そして、恒例の花見台も設置されました♫ そして、そして、今年はなんとあのドアが!
ぜひ皆さま、アイディアいっぱいの撮影をしてくださいねひらめき
DSC_0009 DSC_0011

2020年10月14日(水)

久しぶりに青空が顔をのぞかせていました晴れ
風車前花畑のコスモスは現在3分咲きとなっています。
実は・・・花畑にはインスタ映え間違いなしの「あるもの」が設置されました。
「あるもの」とは一体exclamation and questionこうご期待ですウィンクぴかぴか (新しい)
DSC_0001 DSC_0002
DSC_0008

2020年10月12日(月)

風車前花畑のコスモスは全体的にみて3分咲きほどになりました。同じ時期に種まきをしていますが、キバナコスモス(オレンジ色)の方が咲き出すのが早く、開花が進んでいます。
園内では、美しいベルベット(布)のような質感の花、アメリカンセージも満開ですよ。
DSC_0047 DSC_0045
DSC_0048 DSC_0050

2020年10年7日(水)

風車前花畑のコスモスは遠目ですとまだまだ緑一色ですが、近づいて見ると…優しい色が揺れています。
全体でいうと1分咲きというところでしょうか。例年ですと10月中旬以降に見頃を迎えます。
DSC_0008 DSC_0013 
DSC_0014 DSC_0011
彼岸花はまだ咲いていますが、全体的には見頃を過ぎました。
DSC_0004 DSC_0005

2020年10月2日(金)

風車前花畑のコスモスは少しずつ開花が進んでいます。当園の畑では写真左下のオレンジ色に近い「キバナコスモス」と、写真右下の一般的なコスモス「センセーション」が栽培されています。
DSC_0005 DSC_0003
園内各地で満開となっている彼岸花ですが、本館前花壇では白色と、珍しい黄色も咲いています。
DSC_0014 DSC_0001

2020年9月29日(火)

風車前花畑のコスモスはまだぽつりぽつりと咲きだしました。コスモスの見頃は例年、10月中旬過ぎとなります。
DSC_0009 DSC_0010
彼岸花はほぼ満開となり、見頃を迎えました!
DSC_0008 DSC_0006

2020年9月26日(土)

風車広場前のコスモスの様子です。ちらほらと咲いているところもありますが、見頃になるのは
もう少し先になりそうです。
DSC_0009 DSC_0012
DSC_0013 DSC_0005 

2020年9月25日(金)

彼岸花がもうすぐ見頃を迎えそうです。本日は雨ですが、雨の日の彼岸花も素敵ですね。
DSC_0005 DSC_0003
DSC_0001 DSC_0007  

2020年9月21日(月)

彼岸花の開花が始まりました!農家食堂の周りの斜面や、さくら山の斜面などに群生地があります。
満開になると一面真っ赤になる様は見ごたえがあります。
DSC_0010 DSC_0008
DSC_0006 DSC_0003

2020年9月17日(木)

風車前花畑ではコスモスが生長中!今年は長い間、土だけの畑が続いていましたが、
久しぶりに緑が広がっていますほっとした顔
DSC_0022 DSC_0023
園内では、彼岸花が芽を出し始めました。例年9月下旬に見頃をむかえます。
DSC_0014 DSC_0013
そして今日はニワトリのご一行さまがご来園ひよこお散歩中のようです。
DSC_0017 DSC_0019

2020年9月10日(木)

園内はちょうど端境期でお花の少ない時期になりました。
それでも展示温室の中には色々なお花が咲いています。また、大きなすすきのような「パンプスグラス」に秋の兆しを感じます。
DSC_0011 DSC_0001
DSC_0009 DSC_0005

2020年9月1日(火)

少し涼しい日が続き、花壇の花たちは少し元気を取り戻しました。
ふるさと広場の園路沿いにあるアメリカデイゴは6月に剪定された枝を伸ばし、
再度花を咲かせてくれました。もう少しすると彼岸花が見頃を迎えます。
DSC_0001 DSC_0004  

2020年8月27日(木)

風車前花畑は一見何も無いように見えますが、よく見るとコスモスの芽が出ています芽
コスモスは例年10月中旬に見頃を迎えます。
DSC_0001 DSC_0003
風車前広場のハス池では少ない数ですが、ハスが咲きつぼみも増えてきました。
DSC_0006 DSC_0008

2020年8月20日(木)

風車前花畑はコスモスの種まきを行いました。コスモスは例年10月中旬に見頃を迎えます。
大変暑い日が続いておりますが、風車前広場には大きなあけぼの杉(メタセコイヤ)があり、
気持ちの良い木陰をつくってくれます。
ご来園の際は、木陰で適宜休憩をとり、熱中症には十分ご注意いただけますようお願いいたします。
DSC_0005 DSC_0006

2020年8月14日(月)

園内各地で咲いているキツネノカミソリはまだ見られますが、見頃は少し過ぎました。
DSC_0002 DSC_0001
本館前のミニヒマワリ(サンフィニティ)は定植した6月から長いこと頑張っています。
今年は風車前のひまわり畑はありませんが、本館前ではミニチュア風車(本物の1/10サイズ)と
ミニヒマワリの花壇が出迎えてくれますよ。
DSC_0001 DSC_0008

2020年8月10日(月)

本館から坂を下りていくと(階段ではなく坂道の方から)展示温室があります。中では様々な植物の花が見頃を迎えています。上から、極楽鳥花(ゴクラクチョウカ)。確かに鳥の横顔のように見えますよね。
IMG_1932 IMG_1934
続いて、色鮮やかなブーゲンビリア(写真左)とデュランタ(写真右)。
IMG_1937 IMG_1938
ハイビスカス(写真左)とエクメア・ファッシアータ(写真右)。
IMG_1940 IMG_1942
他にもたくさんの植物が栽培され、温室なので一年を通して開花を見ることができますクローバー

2020年8月5日(水)

キツネノカミソリが見頃を迎えています。あけぼの山農業公園内では「白百合の滝」付近や
「アジサイ通り」上の斜面林など、あけぼの山公園内では「さくら山」の斜面林や日本庭園の入り口横にも群生地があります。
DSC_0010 DSC_0020
今日も気温30℃を超えとても暑いのですが、当園は木々が多く、また水辺も多くあります。
ご来園の際は、木陰で適宜休憩をとり、熱中症には十分ご注意いただけますようお願いいたします。
DSC_0005 DSC_0017

2020年7月29日(水)

「白百合の滝」付近のキツネノカミソリも咲き出しました!滝を取り囲むように咲いております。
DSC_0012 DSC_0013
風車前広場のハス池では、スイレン(写真左下)が咲いています。例年ですとハス(写真右下)も咲いているのですが、今年はまだ咲いていません。つぼみは5つほど見つけることができましたが、アシやガマに追いやられ今年は開花数も少なそうです。
DSC_0011 DSC_0009 

2020年7月24日(木)

今年は例年より早く、キツネノカミソリが咲き出しました。地面から次々につぼみが出て、
これから見頃を迎えます。あけぼの山公園(さくら山)の土手側の斜面や、
日本庭園入口に向かって左側(でいだらぼっちの足跡)と呼ばれている場所が群生地です。
撮影の際は、斜面に踏み込まないようにお願いいたします。
DSC_0006 DSC_0002
DSC_0004 DSC_0005

2020年7月21日(火)

来園されたお客さまにお花の名前を質問されました。その場で回答できませんでしたので
この場を借りて紹介させていただきたいと思います。
少しずつ名札をつける作業をしておりますが間に合っていない箇所もあり、申し訳ございません。
こちらはエスキナンサス。正しくはフィゲリウスでした。展示温室横の坂を下りきった場所に咲いています。
DSC_0001 DSC_0002
こちらはキク科のルドベキア・アイリッシュアイ。鮮やかな濃い黄色が目を引きます。
農家食堂前の「ハーブガーデン」に咲いています。
DSC_0008 DSC_0009

2020年7月16日(木)

「白百合の滝」周辺やあけぼの山公園(さくら山)などの斜面林ではヤマユリが咲き出しました。
本数は少ないのですが、ぜひどこに咲いているか探してみてください。
DSC_0006 DSC_0005
本館前花壇では早咲きのヒマワリを中心に涼しげな植栽が楽しめます。
右下写真は白色と紫色のチョウセンニンジンボクです。
DSC_0003 DSC_0013

2020年7月8日(水)

本館前花壇ではユリ(カサブランカ)やムクゲの花が咲き出しました。
DSC_0017 DSC_0016
園路では夏らしいポーチュラカや早咲きのヒマワリが出迎えてくれます。
DSC_0010 DSC_0013
風車前のハス池では、5月から咲いているスイレンがまだ頑張っていますが、ハスは生育が悪く、
今年はまだ開花しておりません。風車前広場には大きなアケボノ杉(写真右下)があり、
木陰になっています。散策の休憩にちょうど良いですよほっとした顔
DSC_0005 DSC_0004

2020年7月1日(水)

今日は雨模様で来園者の方は少なかったのですが、ムクドリの御一行さまが。
どうやら刈ったばかりの芝生で食事をしているようです。当園は多くの野鳥が観察できる
スポットでもあり、バードウォッチングをする方にもお薦めです。
写真左は咲き出したチョウセンニンジンボクの花です。
DSC_0012 DSC_0004
アジサイ通りもしっとりと雨に包まれています。
DSC_0008 DSC_0010

2020年6月24日(水)

本館前花壇にギョリュウという木があります。漢字で書くと檉柳、または御柳だそうです。
あまり見かけない木なので「名前は何ですか?」というお問合せを多くいただきます。
IMG_0066 IMG_0071
アーティチョークも咲き出しました。神秘的な紫色にハチや蝶も多く集まってきます。
IMG_0076 IMG_0075

2020年6月20日(土)

アジサイが見頃をむかえました。雨上がり、アジサイ通りや❝白百合の滝❞の周辺は
マイナスイオンをたっぷり感じます。梅雨の時期の散策にいかがでしょうか。
DSC_0008 DSC_0014
DSC_0023 DSC_0019
DSC_0017 DSC_0010

2020年6月17日(水)

本館前花壇では早咲きのヒマワリが咲き出し、早くも夏を感じます。
DSC_0018 DSC_0015
ふるさと広場の園路沿いで存在感を発しているこの木は、アメリカデイゴです。
昨年、サッパリと剪定を行ったので、幼枝がたくさん出て、木のお化けのような姿です。
DSC_0014 DSC_0013
アジサイは見頃をむかえました。熱い日差しの中、雨を待っているように見えます。
DSC_0001 DSC_0004
DSC_0007 DSC_0008

2020年6月9日(火)

白百合の滝付近やあじさい通りのアジサイが咲き出しました。もうすぐ見頃となりそうです。
DSC_0002 DSC_0004
水生植物園では花菖蒲が見頃をむかえました。
DSC_0002 DSC_0005

2020年6月4日(木)

夏に向け、本館前花壇の植栽がスタートしましたるんるん (音符)
今回はアンゲロニア、ジニア、日日草など、長い期間お花を愉しめる種類を選びましたぴかぴか (新しい)
一足遅れてサンフィニティ(ひまわり)を植える予定です。完成をお楽しみにexclamation
DSC_0008 DSC_0009

2020年6月3日(水)

緊急事態宣言解除を受け、5月26日より開園(再開)しております。
風車前広場のハス池ではスイレンが咲き始めました。
ハスの花は7月ほどに咲きます。
DSC_0001 DSC_0005

2020年5月20日(水)

ただいま臨時閉園中の為、入園できませんが園内の様子をお伝えしたいと思います。
この木の名前はブラシの木です。まさにブラシのような花を咲かせます。
DSC_0001 DSC_0002
こちらのラッパが連なったような花はジキタリスといいます。
DSC_0005 DSC_0003
バラもあちらこちらで見頃をむかえています。
DSC_0006 DSC_0014
展示温室ではトケイソウやブーゲンビリアも色鮮やかな花を咲かせ目を引きます。
DSC_0013 DSC_0012
可愛らしい白と赤の花を咲かせるこちらの低木はハコネウツギです。
DSC_0007 DSC_0009

2020年4月19日(日)

ただいま臨時閉園中の為、本館前の花畑は直接ご覧いただけない状況となっておりますが、
現在ネモフィラが見頃を迎え、園路のつつじも咲きだしております。
DSC_0041 DSC_0037
DSC_0061 DSC_0042
DSC_0043 DSC_0051
DSC_0058 DSC_0060
DSC_0052 DSC_0053

2020年4月7日(火)

本館前花壇の様子をお届けします。
DSC_0001 DSC_0006
DSC_0003 DSC_0004
2020年4月3日(金)

本館前と裏にある枝垂桜(しだれ桜)が見頃を迎えました。
本館前のチューリップはかなり咲き揃ってきました。
DSC_0004 DSC_0007
DSC_0012 DSC_0013

2020年3月27日(金)

本館前にある大島桜、ソメイヨシノともに満開になりました桜
園内では桜やチューリップの他にも様々なお花が開花し始めましたほっとした顔
DSC_0001 DSC_0036  
DSC_0012 DSC_0034

2020年3月24日(火)

本館前にある大島桜は一足早く満開になりましたexclamation向かって右の白っぽい花が大島桜です。
ソメイヨシノは満開まであともう少し。チューリップも早生種は一足早く咲き始めましたほっとした顔

DSC_0008 DSC_0010
DSC_0011 DSC_0014

2020年3月21日(土)

本館前にある大島桜が咲き始めましたexclamation向かって右の白っぽい花が大島桜、左がソメイヨシノです。
DSC_0036 DSC_0039
また、「白百合の滝」の近くにあるソメイヨシノは例年咲くのが早く、見頃を迎えています桜
DSC_0008 DSC_0032

2020年3月16日(月)

本館前の花壇の様子です。
DSC_0050 DSC_0049
↓クリスマスローズ              ↓ニオイカズラ         ↑ミモザ
DSC_0048 DSC_0045
↓トサミズキ
DSC_0044 DSC_0043
↓大島桜
DSC_0042

2020年3月5日(木)

本館前のこぶしが咲いていますウィンク
DSC_0035 DSC_0032

2020年3月5日(木)

梅園は見頃を少し過ぎました。本日も風が強く、花びらが散ってしまっていますがまん顔
木によってはまだ綺麗に見られるものもありますが、全体的には今週末いっぱいが見頃かと
思われますのでお早目のお越しをお薦めいたします。
DSC_0037 DSC_0038
DSC_0032 DSC_0033

2020年2月28日(金)

梅園は満開を迎えました桜今年は満開の時季が割と揃っているように思いますexclamation
また、本館前の木や、花畑横の木、果樹園の木なども見頃を迎えております。
皆様ぜひ、散策にいらしてくださいほっとした顔
DSC_0001 DSC_0002
DSC_0003 DSC_0004
DSC_0005 DSC_0006

2020年2月19日(水)

梅園全体が色づき始めましたexclamation木によって差はあるものの、見頃を迎えましたほっとした顔
DSC_0017 DSC_0003
DSC_0004 DSC_0005

2020年2月8日(土)

農業公園の梅園は木により開花時期に差があり、梅園全体がまとまって咲くことはないのですが
その分、長い期間お花を愉しめるというメリットもあります。
早い木は満開に近いものもあり、遅い木はまだつぼみという状態です桜
DSC_0100 DSC_0101
DSC_0105 DSC_0104
DSC_0103 DSC_0099

2020年1月30日(木)

温かい日が数日続き、日当たりの良い場所は梅の開花が進みましたexclamation
例年ですと3月上旬までご覧いただけます桜
開花状況は天候に左右されますので、こちらで開花状況を紹介していきますほっとした顔
DSC_0115 DSC_0109 
DSC_0116 DSC_0100